人材確保に苦労しています?社員が働きがいを得る職場をジョブ・クラフティングで実現
人手不足で人材確保が困難、あるいは、せっかく採用してもすぐに離職してしまう。そんな人材に関してお悩みなら、今一度基本に戻り、従業員の「働きがい」を考えてみてください。給料や福利厚生も大事な要素の1つですが、根本的に「人間」は働きがいを求める生き物なのです。ジョブ・クラフティングは働きがいを研究した成果で、仕事に関する3つの境界を従業員が自主的に変更することにより働きがいを感じることが出来る、とする理論です。
フォロワーが大切なのはSNSだけじゃない! リーダーを活かすフォロワーシップの重要性
ファーストペンギンもあとに続く者がいなければ、ただの変わり者か犠牲者です。リーダーを見て次に飛び込む者、フォロワーシップも重要です。
変革の実現には、従業員の心理面や関係性が重要
変革の実現には、現場の従業員の感情や関係性を無視して、トップダウンで組織や制度などを整備しても上手くいきません。過去の否定から始まりがちな変革において、AIはポジティブをベースにした関係性構築の施策です。
日本人に向いているアイデア発想法は?
「自由にアイデアを出し合う」が苦手な日本人には、日本人に適したアイデア発想法が必要です。発想=ブレストという固定観念は捨てるべきです。イノベーションの5つの法則に沿って考えるSITは、そんな日本人に最適な発想法と言えます。
イノベーション・エコシステム: 自社の枠を超えてイノベーションを創造
モノを作るには、一歩上からのメタ視点(コトづくり)が重要です。そしてコトづくりは、1社単体ではなく対等のパートナーシップに基づくエコシステムがその成功の鍵です。
チェンジ・マネジメントで変革を実現
スローガンだけでは、決して組織は変化しません。組織が生き残りをかけて「変化」する方法論、それがチェンジ・マネジメントです
競争優位性の「競争」を否定: ブルー・オーシャンはエメラルド・オーシャンへ
ブルー・オーシャンとは?「闘わずして勝つ」。その一言です。ただしサステナビリティが抜けています。ブルー・オーシャンにサステナビリティを追加したのがエメラルド・オーシャンです
マイクロ・ファウンデーション: マクロの視点とミクロの視点
経済学にミクロとマクロがあるように、何かを把握するのにはその2つの視点が重要です。ビジネスモデルの変革の成功要因にダイナミック・ケイパビリティを求めるのはマクロで、その源(マイクロ・ファウンデーション)は?と探求するのがミクロです。
どんな会社にも必須、スタートアップ方法論
リーンスタートアップは、致命的な大失敗をする前に、小さな失敗を重ねて方向性を決めていき成功を掴む、という科学的な方法論です。
ゲーミフィケーションで、最高の顧客体験を提供
進化の著しいゲームのテクニックをビジネスに応用して、顧客体験の向上を図ります。

さらに表示する